レモンとリンゴの魚介マリネ.pptx へのリンクレモンとリンゴの魚介マリネ.pptx へのリンクagecooking21.pptx へのリンク

本文へスキップ

美味しく楽しく低AGE生活

低AGE料理



AGEコントロールには、

入れない、作らせない、ためない、あきらめない

の4つの心がけが重要!

食事の工夫で入れない、ストレスや食後血糖値の
コントロールで作らせない、
運動や質の良い睡眠でためない、

そして地道にあきらめずにコツコツと。

ここでは特に
簡単、美味しい低AGE料理を紹介していこうと思っています。
よろしくお付き合いください。







AGEはタンパク質と糖が熱によって変性したもの。
だから調理は出来るだけ低温で。


水を使った調理法が良いとされています。

要するに煮るとか蒸すとか。
勿論、生で食べることも良いことです。

味付けは、糖分や塩分の摂り過ぎが糖化につながりますので
酸味を利かせて。

茶色い香ばしそうな焦げ色が付いていない、
酸っぱめの爽やか料理を目指すのがコツ。

そしてもう一つ大切なコツが
AGEA・あんまり G・頑張らなくて E・いい

楽しく気楽にやりましょうね!





材料は
サツマイモ!
実は石焼き芋です。
蒸かしたり茹でたりの一手間を省くために(^_-)-☆
それとリンゴとお酢、好みではちみつ。
以上がドレッシング。


具はアボカドとクリームチーズ

作り方
ドレッシング
石焼き芋、大き目の物なら半分くらいを乱切りに
雑にで良いです、マッシュしちゃいますから。
乱切り石焼き芋をボールに入れて、
そこにスリおろしリンゴ3/4を入れてマッシュ。
味見をして酸味を利かせたい方はお酢を入れて、
甘みが足りなかったら蜂蜜で補充。
歯応えを楽しむために残りのリンゴ1/4を
5ミリ角の乱切りにして和えます。


具の準備
簡単です、
アボカド1個(皮が黒目で柔らかく熟したものがお勧め)
クリームチーズ2個(好みでもっと沢山でも可)
・アボカドは5〜7ミリくらいにスライス
・クリームチーズは5ミリくらいの乱切り
チーズカッターならきれいに仕上がりますが、
包丁だと写真みたいにグチャグチャになりがち

そこはAGE精神で。
A・あんまり G・頑張らなくて E・いい
ですから。




スライスしたアボカドの上に
クリームチーズを散らして

石焼き芋とリンゴのマッシュを添えて
出来上がりです。


簡単でしょ!

熟したオイリーなアボカドとクリームチーズに
リンゴの酸味と石焼き芋の甘みが合うんです。

このドレッシング、
軽くあぶった豚肉や鶏肉などにも合いますよ。


試してみてください。







今回のレシピもとっても簡単です。
気楽に楽しんでください。

材料は下の写真が基本です。




今回はサーモンと鳥の笹身がメイン

お野菜は好みで。
今回は、歯応えと香りを楽しんで欲しいので
ピーマンと人参とキュウ。

笹身は茹でて手でちぎって食べやすい大きさに
サーモンは小さめの一口大
両方に軽く塩を振って薄めの下味を。



ボールにピーマンと人参、キュウリの細切り。
そこに、先ほどの鳥の笹身とサーモン。

味付けは塩コショウ、オリーブオイル、レモン汁、
そこにリンゴをすりおろして
レモンの皮の黄色の部分だけのみじん切り
全部合わせて、全体を軽く和えます。

ワンポイント
味付けの要領!

味付けは、ベースになる味を先に決めると後が楽。
今回の場合は、塩コショウを先にしっかり決めると
良いんじゃないかなと。

少し濃いめだなと言う感じで塩コショウを決めて、
爽やかさを与えるレモンんをお好みで。

最後のアクセントに
レモンピール(皮)の香りに、
リンゴの甘みとオリーブオイルの香りとコクを。
好みで潰したにんにくを入れても旨いです。

それぞれの素材の量の目安は。
サーモン 100〜150グラム
鳥の笹身 中くらいのを3本
ピーマン 2個
人参 中1本
キュウリ 2本
レモン 1/2〜1個
レモンの皮1〜3センチ角(黄色いところだけ)
リンゴ1/4個
塩コショウなどはお好みで。

味見ついでに、白ワインでも飲みながら、
楽しんで作ってください。

仕上がりはこんな感じ。



簡単ですから試してみてください。







今回は材料の下処理に
ちょっと手がかかりますが、
基本的には簡単料理!

仕上がりは華やかで、ちょっと豪華ですから
トライしてみてください。

パーティーなんかの一品にお勧めです。

よーく冷やしたドライな白ワインなんかと一緒に

材料はこんな感じです



先ずはサーモンから下味つけです。
面倒だったら切り身に同じ調味料を和えても
良いのですが、仕上がりのシットリ感に
ちょっとだけ違いが出ます。


ちょっと強めの塩コショウ。
レモンの皮をすりおろしてオリーブオイル。
ラップをかけて2〜3時間寝かせます。



お野菜はそれぞれを千切りに。
塩コショウと、ポイントは
リンゴのすりおろしとレモン汁。


エビは殻を外して背中に包丁を入れて
身を開くと黒い筋が見えます。
これが背ワタ。
こいつがジャリジャリするし臭みの元です。

きれいに背ワタを取って下さいね。
背ワタが取れたら軽く水洗いして
強めにお塩で下味を。
臭みがとれて美味しく食べれえらます!


少々手間がかかるようですが、
やることはシンプルなので簡単です。
ポイントはサーモンの下味はしっかり目に。
臭みがとれますので!
と、お野菜のリンゴとレモン汁はたっぷり目に。

フルーツの爽やかさが中々goodです。

店舗写真

informati店舗情報

美味しく楽しく低AGE生活
三吉健心

AGEレス健康料理アドバイザー
日本臨栄養協会所属
サプリメントアドバイザー
認定番号05-619
講道館柔道四段
公認柔道指導者B指導員
養神館合気道二段

お問い合わせ

日々の健康や生活の質向上。
楽しい毎日の提案ブログ
「MCA:マンジャーレ、カンターレ、アモーレ」はこちら